活動報告(全国)

消費税転嫁特措法・連合審査会審議にて質問しました

掲載日: 2013年05月31日

5/31(金)の「経済産業委員会、財政金融委員会、消費者問題に関する特別委員会連合審査会」にて「広野ただし」が質問しました。

連合審査会は、財政金融委員会・経済産業委員会合同での委員会で、今回は、消費税転嫁特措法についての審議です。

以下の内容について質問を行いましたが、麻生財務大臣、経産・産業競争力担当茂木大臣ともに対応に意欲無し。現状はまさに政府の庶民いじめである。

■質問要旨

Ⅰ.景気状況から見て、消費税増税は1~2年後倒し、あるいは凍結すべきではないか。

  1. 病み上がりの経済、また不況に陥る公算大
  2. その間に社会保障改革を抜本的に進めるべき。(子ども・子育てを含む。)

Ⅱ.Tax on Tax問題の改革について

  1. ガソリン
  2. ディーゼル油
  3. 漁船、離島航路燃料油

Ⅲ.食料・食品関係の軽減税率

  1. 何故やらないのか
  2. いつやるのか

Ⅳ.輸出・還付税関係の改革について
Ⅴ.独禁法、下請法の強化で対応することの是非

 

委員会の様子は参議院インターネット審議中継にてご覧ください。

※富山県内の情報および2011年10月以前の情報は、こちらをご覧ください。

«前のページにもどる