活動報告(全国)

原発の稼働は断固反対!!「原発規制新基準の決定について」

掲載日: 2013年06月20日

原発規制の新基準が決まった。原発稼働に積極的な現政権。福島の事故で得なければならない教訓は、安全面の配慮が足りなかったことではなく、想定外のことが起こり得るということ。

ドイツは早々に原発廃止を打ち出している。

なぜ、事故の当事者である日本が原発の稼働に積極的でなければならないのか。
日本は世界に恥じない行動を取るべきだ。

安倍総理は「無理な事は言わない」とのことで原発の稼働容認の立場から衆議院選挙を戦った。

政治にはビジョンが必要。目標が必要。無理だからということで行動を起こさないでいれば、事態は何も進展しない。

私たち生活の党は、「原発の再稼働・新増設は一切容認しない。遅くとも2022年までに最終的な廃止を確定する。」という事を明確に打ち出している。

「広野ただし」はこの政策を実現するために努力する。

※富山県内の情報および2011年10月以前の情報は、こちらをご覧ください。

«前のページにもどる