活動報告(全国)

TPPは断固反対!農業、社会構造を守るには2国間FTAの積重ねが正しい道!

掲載日: 2013年07月09日

自宅前2  自宅前1

私「広野ただし」は富山県の中山間地に住んでいます。上の写真は自宅前を撮影したものです。

この地区に限らずとも、高齢化、過疎化は地方にとって大変に深刻です。週末に自宅に戻るたびこの原風景を目にし、日本の農業を守らなければならないと思っています。

TPPについて申し上げますと、私は自由貿易には賛成ですが、アメリカ主導の国際的圧力(かつてのアメリカの対日要求圧力の変形版・さらに国際的圧力が高まる。)のままの交渉には反対です。農業だけでなく、日本の社会構造が破壊される懸念があり、郵貯や簡保もまた外資に狙われる恐れがあります

私は対等な立場での交渉の結果もたらされる2国間のFTAを積み上げ、自由貿易を実現することが正しい道であると考えています。

なんとしても、この美しい光景を守って行かねばなりません。

※富山県内の情報および2011年10月以前の情報は、こちらをご覧ください。

«前のページにもどる