活動報告(全国)

4月23日(火)の参院予算委員会にて質問に立ちました

掲載日: 2013年04月22日

4月23日(火)の参議院予算委員会にて安倍総理大臣及び各担当大臣に対し質問をしました。

■質問要旨

Ⅰ.アベノミクスの問題点について

  1. 中間層底上げ政策が必要(所得の大幅アップ、失業率の改善を決めて目指すべき)
  2. 中小企業、地域経済の強化策が必要
    ・元気な中小企業を育成すべし。
    ・農林水産業の振興
    ・TPPでは、何故、農業5品目を例外にしないのか。(対米の自動車、保険との比較)
    ・過疎化の問題(高齢化、少子化)
  3. 消費税引き上げ時期について(消費税増税と景気について)
    ・消費税増税は、凍結・延期すべき。

Ⅱ.原発問題と復旧・復興について

  1. 福島原発の汚染水処理問題(含貯水池)
  2. 福島原発の廃炉問題(計画の抜本的前倒しについて)
  3. 東電はどうなるのか、どうするのか。(JALとの比較について)
  4. 賠償問題の現状と今後 使用パネル
  5. 原発は、テロに大丈夫なのか。
  6. 使用済み核燃料の処理はできるのか。 使用パネル
    (処理計画、日本原燃問題、高速炉問題、放射性廃棄物問題、最終処分問題、廃炉等について)
  7. その他
    ・再生可能エネルギーの導入の現状と今後 使用パネル1 使用パネル2
    ・電気事業法改正問題について

Ⅲ.「検察のあり方」「特捜のあり方」について

  1. 「小沢一郎」事件は、完全にえん罪。検察は謝罪すべし。
  2. 検察審査会は、「冤罪」に対し、誠に無責任な体制。検察審査会法を抜本的に是正すべし。
  3. 取調べの全面可視化をすべし。
  4. 「自由・民主主義・基本的人権・法の支配」の観点から「冤罪」事案の多発について総理の見解如何

●参考人
法務省刑事局長 「陸山会」事件の捜査に関する監察調査(最高検察H24.6.27)について

※富山県内の情報および2011年10月以前の情報は、こちらをご覧ください。

«前のページにもどる