活動報告(全国)

これからの増税、負担増について

掲載日: 2012年10月23日

今後の増税、負担増についてまとめました。

これだけの負担増が計画されており、家計を直撃することになります。何としても消費税増税を阻止しなければなりません。

時期 増税・負担増内容
平成24年6月 児童手当に所得制限(片働き、子ども2人世帯で年収960万円以上は支給停止、特例で当分の間5,000円支給)
住民税年少扶養控除(16歳未満、一人当たり33万円)の廃止により、子ども一人当たり33,000円増税
平成24年9月 東京電力の電気料金平均8.46%(家庭標準30A契約で5.1%)値上げ
平成24年10月 厚生年金改定(平成28年度まで年0.354%引き上げ)
地球温暖化対策税導入(3年半で段階的に引き上げ)
平成25年1月 復興特別所得税開始(基準所得税額×2.1%上乗せ、平成49年まで)
給与所得控除に上限設定(年収1,500万円以上で245万円)
退職金の住民税10%控除廃止
平成25年4月 国民年金保険料改定(平成28年度まで年額3,360円引き上げ)
平成25年10月 厚生年金改定(平成28年度まで年0.354%引き上げ)
平成26年1月 株式等の配当・譲渡益課税率アップ(平成25年までの時限措置終了)
平成26年4月 消費税8%開始
国民年金保険料改定(平成28年度まで年額3,360円引き上げ)
平成26年6月 復興臨時住民税開始(均等割額を年1,000円引き上げ、平成35年度まで)
平成26年10月 厚生年金改定(平成28年度まで年0.354%引き上げ)
平成27年4月 国民年金保険料改定(平成28年度まで年額3,360円引き上げ)
平成27年10月 消費税10%開始

※富山県内の情報および2011年10月以前の情報は、こちらをご覧ください。

«前のページにもどる